ガーディアン紙『Toy story: Chewing over Tchaikovsky's The Nutcracker』

BBCで、吉田都さんの『くるみ割り人形』が放送されていた。金平糖の精が吉田都さんで、クララがアリーナ・コジョカル。映像で見ると顔の表情がアップで見えるのが嬉しい。舞台を見るときには視界が何かで遮られててよく見えないところも、映像だとよく見えるので「あぁ、あそこはこういうわけだったのね。」と、いろいろ納得がいった(それほど良い席で見ているわけじゃないので(笑))。

-------------

12月16日(金)のガーディアン紙に載っていた『くるみ割り人形』に関する記事が、私の『くるみ割り人形』への理解を少し深めてくれた。

Toy story: Chewing over Tchaikovsky's The Nutcracker
Gavin Plumley
http://www.guardian.co.uk/music/2011/dec/16/tchaikovksy-nutcracker-ballet

この記事には、初演時には、お菓子の国でエンディングを迎え、今日とは違って、クララは現実世界へは戻ってきていなかったことが記されている。
そして、『くるみ割り人形』の成功の大部分を、その情緒ある音楽に拠っているとしている。作曲者のチャイコフスキーはこの仕事にやる気が起こらず、なかなか取りかかれなかったらしいことが書かれているが、そんな彼が俄然とやる気を起こしたのは、愛する妹サーシャの死だったそうだ。いつしか、クララにサーシャを、ドロッセルマイヤーに自分を重ね、筆を進めていったとのこと。

----------

チャイコフスキーが死んだ妹をクララと考えていたなら、お菓子の国からクララが帰ってこない設定も、彼にとっては何も破綻が無かったのかもしれない、と私は思った。
おとぎ話の中で、「二人はいつまでも仲良く暮らしました」と終わるものは多い。お菓子の国童話に基づいて作られたプロットをチャイコフスキーが読み、妹の幸せな死後の世界を、理想郷のお菓子の国に見出していた可能性もあるのではないか。

---------

これまでいくつかの『くるみ割り人形』を見て、それぞれちょっとずつ違うのに気づいて、「おかしいな」と思うようになった。

金平糖の精は誰なのか?
金平糖の精を、クララが踊るものと、金平糖の精が新たに出てきて踊るものがある。”金平糖の精”と名前が付いているのだから、本来、別人格と考えるのが正しいのだろう。とはいっても、いきなりそれまでのストーリーとあまり関係ない金平糖の精が出てきてグラン・パ・ド・ドゥを踊ることに、個人的には不自然を感じる。優雅で美しいとは言っても、踊りの最高潮となるシーンを、ストーリー上の主役であるクララとくるみ割り人形によって踊られないのは、肩すかしをくらった気分になるのだ。

少しずつ異なる版がたくさん存在するのは、きっと台本を書く人もここに疑問を持つからだろう。
これはきっとクララの年齢設定次第だと思うので、原作・初演時・いくつかの改定版により、それぞれのクララの年齢を調べてみたいところだ。
[PR]
by tsutsumi_t | 2011-12-26 11:14 | ダンス


バレエ、ダンス全般、建築についてのブログ。


by Tsutsumi

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ダンス
ダンス(日本)
演劇
オペラ
ミュージカル
歌舞伎
ストリート
読書
子育て
わたしのこと
未分類

最新の記事

山上憶良をすこしよむ
at 2017-07-26 21:56
百人一首が頭を行き交う
at 2017-07-12 20:59
0か月~2か月の頃はなんだか..
at 2017-07-04 00:01
ショパン
at 2017-04-17 20:50
お裁縫にハマる
at 2016-12-14 16:21

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

最新のトラックバック

プロフィール

Tsutsumi

Mechanical engineer / Architect

建築学科を卒業、日本の建築設計事務所で働いた後、2011年に渡英。
バレエやダンス全般の観劇についてここに記しています。

(追記)2013年4月に日本に帰国しました。

(追記)2016年12月に出産しました。観劇はなかなか難しく、ブログの内容が子育てにシフトしてきています。

検索

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
日々の出来事

ブログパーツ