Royal Opera Cinema 『Romeo and Juliet(ロミオとジュリエット)』 2012年3月22日

(2012年4月2日に少し追記)

ロイヤル・オペラ・ハウスが世界各国の映画館で公演をライブ中継するイベント"Royal Opera House Cinema"。このイベント、ときどき行われるのだが、イギリス各地の他、フランス、イタリアなどヨーロッパ各国はもちろん、アメリカや南アフリカ、ブラジルなど大陸を超えて中継されている。

この日の演目は『Romeo and Juliet(ロミオとジュリエット)』。そしてキャストはもちろん、イギリスが誇るプリンシパル、ローレン・カスバートソン。ロミオには当初ポルーニンが予定されており、映画館の予告映像もポルーニンであったが、彼が去ってしまったので、ボネリが代わったようだ。

Romeo(ロミオ): Federico Bonelli(フェデリコ・ボネリ)
Juliet(ジュリエット): Lauren Cuthbertson(ローレン・カスバートソン)

ロンドン市内でも幾つか映画館の選択肢はあったけれど、ODEON Whiteleyにする。このWhiteleyには他のcinemaよりも豪華な設備の付いているのだ。飛行機のビジネスクラスの座席のようなチェア。足をもたれかける部分と背もたれがボタン1つで調節可能な椅子。そして、呼び出しボタンを押すと係員が御用を聞きにきてくれ、シャンパンや軽食の注文を取りに来る。(利用しなかったけど。)

映画館を使うだけあり、開演前や休憩時間には、ドキュメンタリー映像が流される。
開演前には振付家の故マクミランについて、彼の生涯や振付作品、バレエとの関わりについて、マクミラン夫人や芸術監督モニカ・メイスン、指揮者、キャラクター・アーティストのクリストファー・サンダース、元ロミオで現バレエマスターのジョナサン・コープ、元ジュリエットで現バレエミストレスのレスリー・コリアがそれぞれの想いを語る映像が流された。
休憩時間には、この公演に関するTwitterのつぶやきがスクリーンに幾つも流れた。事前にタグが知らされており、そのタグを付けたツイートが集められており、世界中で中継している臨場感を味わった。(イギリスでは、ボールルームダンスの場面の曲が、"The Apprentice"というテレビ番組で使われていて有名なため、その番組での名セリフを使った、"Lord Suger, You're fired!"なんてつぶやきまで入っていたのが面白かった。)

また、今回の主役二人、カスバートソンとボネリのインタビューも流れた。


ボネリ(ロミオ):「マクミランの『ロミオとジュリエット』はマスターピースだ。ダンサーなら誰もがこのロミオを踊りたい。僕も、このロミオを踊るためにロイヤル・バレエに移籍してきたと言っても過言でない。」


というボネリのセリフが印象的。
そして、ティボルト役のベネット・ガートサイド、マキューシオ役のアレクサンダー・キャンベルもソード・ファイト・シーンについて語る。


ガートサイド(ティボルト):「剣さばきは複雑にからみあっているように見えるが、実は同じ動作の繰り返しになっている。だから頭で考える必要がない。そこにただ感情をこめていけばよいようになっている。」

キャンベル(マキューシオ):「ティボルトがマキューシオの首めがけて大きく剣を一振りするシーン。一振りする前からよけていたんじゃリアルじゃない。彼が一振りしてからよけた方が臨場感がある。ティボルト役のダンサーは本当に当たっちゃうんじゃないかと怖がるだろうけどね。」


ソード・ファイト・シーンは優雅なバレエとはまた違った魅力があるらしく、旦那はこのシーンが気に入っている。男性ダンサーやスタッフたちの意気込みも相当のようだ。
剣のしなりから、音の立て方、剣の合わせ方などこだわりどころも多く、かなり綿密に準備されている様子が分かる。ちなみに、このガートサイド、インタビュー時にはメガネをかけており、寡黙で温厚な研究者といった風情。舞台の威圧感との違いに驚いた。


さて、スクリーンで見るバレエは、顔の表情がはっきりと見て取れるのが楽しいところだ。ここまで演技していたのかと思うほど、みな顔が饒舌だった。そして細かい芝居まで手にとるように分かる。
こうした芝居は遠い観客席からは見えないものなのだが、こうした細かい膨大な量の演技が雰囲気として客席ちょっとでも伝われば成功というところなのだろうか。

カスバートソンは、以前に"Scènes de ballet"で見たことがある。イギリスに来て初めて生で見たバレエだ。彼女が現れた瞬間、あたりを払うような気品、そして、さすがプリンシパルは格が違うんだ!と思う技術の正確さだった。この作品は非常にカスバートソンに合っていたし、彼女を美しく見せていた。

しかし今回、カスバートソンのジュリエットもなかなかきれいだが、何かしっくりこなかった。
インタビューを見たり聞いたりする限り、彼女はわりと陽気で冗談好きなお茶目な女性らしい。どうにもアップになったときにそうしたイメージが先行するせいか、こうした悲劇のドラマにはまらない雰囲気なのかもしれない。
そもそもカスバートソンの個性とは何だろう?
ロホには卓越した演技力が、ラムには超人的な身体能力が、コジョカルには細かな役の作り込みと豊かな表情がある。しかし、カスバートソンがこれならナンバーワン、と言えるものが何なのか思いつかない。
イギリス生粋のバレリーナということで、プロモーションに出たり露出することの多い彼女。そのせいか話題先行と言われて過小評価されがちな気がする。できれば、"Scènes de ballet"のようなストーリーの無い作品でもう一度彼女を見たいと思う。知性ある雰囲気、音楽性豊かな動き、細くて長い手足、彼女のそういったものがとてもきれいなので、それを確認したいと思う。
[PR]
by tsutsumi_t | 2012-03-30 08:06 | ダンス


バレエ、ダンス全般、建築についてのブログ。


by Tsutsumi

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ダンス
ダンス(日本)
演劇
オペラ
ミュージカル
歌舞伎
ストリート
読書
子育て
わたしのこと
未分類

最新の記事

山上憶良をすこしよむ
at 2017-07-26 21:56
百人一首が頭を行き交う
at 2017-07-12 20:59
0か月~2か月の頃はなんだか..
at 2017-07-04 00:01
ショパン
at 2017-04-17 20:50
お裁縫にハマる
at 2016-12-14 16:21

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

最新のトラックバック

プロフィール

Tsutsumi

Mechanical engineer / Architect

建築学科を卒業、日本の建築設計事務所で働いた後、2011年に渡英。
バレエやダンス全般の観劇についてここに記しています。

(追記)2013年4月に日本に帰国しました。

(追記)2016年12月に出産しました。観劇はなかなか難しく、ブログの内容が子育てにシフトしてきています。

検索

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
日々の出来事

ブログパーツ