Pina Bausch 『Viktor』 2012年6月6日

Tanztheater Wuppertal(ヴッパタール舞踊団)の『World Cities 2012』が6/6~7/9にかけて、サドラーズ・ウェルズ劇場とバービカン・センターで開催されている。
この公演では、ピナ・バウシュ率いるヴッパタール舞踊団が、世界の様々な都市の、例えば劇場、例えば大学、例えば芸術振興組織、などとコラボし、その土地の風習や雰囲気を取り入れてきた作品群が上演されている。そのため、各公演ごとに製作された土地の名前が付記されている。
初日の座席が残り数枚残っているのに気付き、即座に購入。その他の日は既に完売していた。

私が見たのは、ピナ・バウシュがこうして様々な都市を巡るきっかけともなったらしい、ローマの劇場と共に製作された『Viktor』。初演は1986年。
ここで得られた手ごたえが、ピナ・バウシュに異国の土地への好奇心をかきたてたらしい。

e0244905_8302565.jpg

(写真は休憩中の舞台上。小道具のカーペットを丸めるスタッフたち。)

『Viktor』は、不条理な場面が次々と連なっていく。
つじつまのあわない言葉、生産性のない行動の繰り返し、噛み合わない男女の行動。そういったものがどんどん舞台上に示される。
その出来事を、我々観客がぽかーんと眺める。
舞台上の男女はお互いの主張をぶつけ合う。それらはときに観客に笑いを引き起こすが、幾度も繰り返されるとだんだんと気味悪くなっていき、やがて我々の方が気まずさを味わう。そして、彼らが永遠に分かり合うことはないことが強調される。

男性ダンサーは主にスーツを着、女性ダンサーはみな高いピンヒールに柄物の薄いワンピースを着ている。彼らの衣裳は、明らかにこれが我々観客の中にも存在する狂気であることを示唆している。
舞台上には土でできた崖が作られており、それをパフォーマンス中に少しずつショベルで崩していた。舞台上に自然の要素を持ち込み、自然と繋がって踊る、と語ったインタビューを思い出した。

ダンサーといっても、『Viktor』は踊る場面が少なく、演劇的な要素が強い。これは、翌日の新聞のレビューによると、初期のピナ・バウシュの作品には演劇的要素が強い、とのこと。洗練されない、荒削りのままの、たくさんの断片集ということだろうか。

パフォーマンスを終え、舞台にカーテンコールのために立ったダンサーたちに笑顔が無かった。「今後についてはロンドン(本公演)後に考える」とインタビューに答えたヴッパタール舞踊団。ピナ・バウシュの不在を改めて感じていたのかもしれないと思った。
[PR]
by tsutsumi_t | 2012-06-10 08:33 | ダンス


バレエ、ダンス全般、建築についてのブログ。


by Tsutsumi

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ダンス
ダンス(日本)
演劇
オペラ
ミュージカル
歌舞伎
ストリート
読書
子育て
わたしのこと
未分類

最新の記事

山上憶良をすこしよむ
at 2017-07-26 21:56
百人一首が頭を行き交う
at 2017-07-12 20:59
0か月~2か月の頃はなんだか..
at 2017-07-04 00:01
ショパン
at 2017-04-17 20:50
お裁縫にハマる
at 2016-12-14 16:21

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

最新のトラックバック

プロフィール

Tsutsumi

Mechanical engineer / Architect

建築学科を卒業、日本の建築設計事務所で働いた後、2011年に渡英。
バレエやダンス全般の観劇についてここに記しています。

(追記)2013年4月に日本に帰国しました。

(追記)2016年12月に出産しました。観劇はなかなか難しく、ブログの内容が子育てにシフトしてきています。

検索

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
日々の出来事

ブログパーツ