『シルヴィ・ギエム ファイナルツアー』2015年12月14日

数ヶ月前のある日、家の目の前の市民文化会館にシルヴィ・ギエムのファイナルツアーの看板がかかりました。(※ずいぶん長くブログを書いてなかったのですが、東京から地方へ引っ越しました。。)
「えぇっ、こんな田舎までギエムが来るの!?」
名前も知らない漫才コンビや歌手のポスターに並んで、明らかに異色なギエムのポスター。
ギエムが本当に引退公演で日本中を巡ることを実感しました。

その看板を見つけてすぐの週末に、さっそく市民文化会館の窓口でチケットを購入。地方の公演だからなのか、ぴあでは扱っておらず、市民会館へ直接電話するか窓口で買うか。まさに手で売ってる様子。
だだっぴろいロビーの奥にある事務室の窓口で公演について尋ねると、事務のおじさんが紙に印刷した座席表を見せてくれました。ところどころ座席が黒く塗られてたり赤く塗られてたり。
「うん、これは売れちゃったところ。こっちは予約済みでまだ引き渡してないやつね。」
「…じゃあこの席とこの席、2枚ください。」
「はい、1枚○○円ね~。」
おじさんは座席表のそのマスを鉛筆でぐりぐりと黒く塗りつぶして、封筒にチケットを入れて手渡してくれました。なんだかホンワカするくらいのマニュアルぶり。

チケットを買ったその日は、市民会館では地元のフラメンコ教室などが発表会をやってたらしく、ラテンに着飾って花束をかかえたお母さんたちが立ち話をしており、待ちくたびれた子供たちがロビーを駆け回っていて、なんとものどかな週末だったのを覚えています。

それから数ヶ月、看板を見るたびに、こんな田舎での公演で、こんなのんびりしたチケットの売り方で、ちゃんと席が埋まるのかなぁ…なんて思ったりしてたけど、当然のごとくチケットは売り切れ、当日は本当に満員でした。
駅から市民文化会館まで、ちょっとおしゃれした人々がぞろぞろと歩いており、いつもは静かな町がにぎやかな雰囲気でした。

--------------------

In the middle somewhat elevated
振付: ウィリアム・フォーサイス
ダンス: 東京バレエ団

two
振付: ラッセル・マリファント
ダンス: シルヴィ・ギエム

dream time
振付: イリ・キリアン
ダンス: 東京バレエ団

blero
振付: モーリス・ベジャール
ダンス: シルヴィ・ギエム、東京バレエ団

--------------------

東京バレエ団が踊った作品二つ。
『in the middle somewhat elevated』と『dream time』。
断然、『dream time』の方が日本人の踊りに合っているなぁと感じました。

『in the middle somewhat elevated』は、かっこよくて何度もYoutubeで見てしまうほど大好きです。しかし、パキパキとどんどん折り紙を折っていくかのような動きの変化に対して、ダンサーたちが、真面目に正確にこなそうとしているかのようで、ちょっと窮屈に見えました。正確に紙の端と端を合わせようとするような窮屈さ・・・。日本人の律儀さが垣間見えたような。ギリギリのバランスを保つシーンも、日本人は身体が小さいせいか、あまりその危うさが伝わらず・・・。
ギエムが東京バレエ団に挑戦するよう勧めた、とのことでしたが、振り付けが日本人にあまり合っていないのではないかなぁと思いました。

一方、『dream time』では流れるようなゆったりとした動きに肩のラインがのびやかで、とても美しかったです。前者の作品では気になった身体の小ささが、こちらの作品では全く気にならず。振り付けがダンサーの個性によく合っていた、ということではないかしら?と思いました。


ギエムが踊った作品二つ。
『two』では、照明で照らされた小さな四角いスペースで、ギエムが手をしゅしゅしゅっと振り回す、ただそれだけの振り付けなんだけど、全てを照らさない神秘的な照明で、ギエムの手の残像が印象的でした。
マリファントはこれを最初は自分の奥さんに振付けたそうですが、今回ギエムが踊るにあたり、だいぶ改訂したそうです。どのへんが変わっているんでしょうね?知りたいです。
マリファントの作品は、動きの面白さを追求している風で、バレエの振付家とは一線を画していて、新鮮に見ることができますね。

そして最後は『ボレロ』。
何度もYouTubeで見たけれど、生は当然初めて!
ギエムの体、本当に均整のとれた美しい体なんでしょう!!いつまでも変わらない美しい姿でした。(でも本人の中にはやはり変化があるのでしょうか。だから引退なんでしょうけど…。)もうギエムのオーラ、すごいよね、としか言いようがなく。


ギエムの全盛期に比べると何かが劣るのかもしれませんが、私には全く分からず。
思えば私は、トゥシューズを履かなくなってからのギエムしか、生で見たことないのです。体力的には全盛期であったであろうトゥシューズを履いていた時代、その時代のギエムも見てみたかったなぁ。。とふと思いました。
しかし、多くの振付家が彼女に振付けたがった、という話をよく聞きますが、いまこうしてファイナルツアーなどの演目を見ると、アクラム・カーンなど、たったいま活躍している振付家も多くて、彼女がキャリアの終わりに近づいても新たな挑戦を続けていたことが分かります。
[PR]
by tsutsumi_t | 2016-01-02 12:43 | ダンス(日本)


バレエ、ダンス全般、建築についてのブログ。


by Tsutsumi

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ダンス
ダンス(日本)
演劇
オペラ
ミュージカル
歌舞伎
ストリート
読書
子育て
わたしのこと
未分類

最新の記事

山上憶良をすこしよむ
at 2017-07-26 21:56
百人一首が頭を行き交う
at 2017-07-12 20:59
0か月~2か月の頃はなんだか..
at 2017-07-04 00:01
ショパン
at 2017-04-17 20:50
お裁縫にハマる
at 2016-12-14 16:21

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

最新のトラックバック

プロフィール

Tsutsumi

Mechanical engineer / Architect

建築学科を卒業、日本の建築設計事務所で働いた後、2011年に渡英。
バレエやダンス全般の観劇についてここに記しています。

(追記)2013年4月に日本に帰国しました。

(追記)2016年12月に出産しました。観劇はなかなか難しく、ブログの内容が子育てにシフトしてきています。

検索

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
日々の出来事

ブログパーツ