お裁縫にハマる

予定日一週間前になりました。

毎日時間がたっぷりあるので、産休に入ってからお裁縫を少しやってみました。
私の今までのお裁縫レベルは「取れたボタン付け」のみ。
別に趣味でも無く、全く上手くもありませんが、出来上がったものが手元に残るのはけっこう楽しいなーと思い、意外にもいろいろ作りました。


最初に作ったのは”クッションカバー”。
部屋を整理したいな~と前々から思っていて、休暇に入ったばかりのときに北欧特集の雑誌を古本で集め、「部屋を北欧インテリア風にしたい!」とモーレツに読み漁りました。
仕事に追われることなくカフェでまったり雑誌読む、というのは休暇前の憧れだったりして、何だか優雅な気分に浸りつつ…。

そして、北欧ブランドの玄関口たる"marimekko(マリメッコ)"の布地でクッションカバーを作り始めたわけです。

e0244905_14321891.jpg

柄は”KOMPOTTI(コンポッティ)”という、果物を模した柄。
まっすぐ縫うだけですしね。ファスナーとかボタンとか使わないレシピを見ながら作ったので、本当にまっすぐ縫うだけでした。
やってて気づいたこと。
「ただまっすぐ針を運ぶだけの作業がわりと好きかもしれない…。」
昼ごはん食べた後に縫い始めて、気づいたらあたりが真っ暗になってたりして、ただただチクチク縫ってるだけの作業にここまで集中するとは思いませんでした。

(なお、私が購入した通販サイトでのマリメッコの布地のお値段は50cmで3,500円。既製品のマリメッコのクッションカバーは5,400円。あんまり変わらないので、同じ柄の既製品がある場合には、普通に既製品をご購入されることをオススメします。。。)


次に作ったのは”ティッシュボックスカバー”。
クッションカバー作りが思いのほか楽しく、余ったマリメッコの布地で小物作りたいなーと思い、ティッシュボックスカバーを作り始めました。

e0244905_16171581.jpg

マリメッコの布地は大柄のものが多いのであまり小物には向いてなさそうなのですが、私が買ったコンポッティという柄↑は比較的細かい柄なので、なんとか柄が分かる程度に作ることができました。

そして、”PUKETTI(プケッティ)”という柄でもう一個↓

e0244905_16171802.jpg


この頃、マリメッコのウェブサイト見るだけでもけっこう楽しくて、ついには知り合いが家を新築したお祝いにマリメッコのランチョンマットをプレゼントしたりもしました。(もちろん手作りじゃなくて既製品の方で…。)
そのランチョンマットは”Pieni Siirtolapuutarha(ピエニ シイルトラプータルハ)”という市民菜園を模した柄だったのですが、デカデカと思い切りいい花の絵や、思わず目をひかれる派手な色使いが気に入ったので、今度はこの柄でまたクッションカバー作りたいなぁと思っています。
それに、マリメッコの布地はこうした大胆なものが多いので、子供がこうした柄を見ながら育ったら、刺激になっていいんじゃないかな、とも思いました。


その後しばらくは出産準備品の購入や家具の購入、部屋の整理、あっちのものをこっちに置いて…、などなどに明け暮れ、それらが落ち着いたあたりから、またお裁縫を再開。


次は赤ちゃんのための”帽子”。”チューリップハット”と呼ばれる形のもの。

e0244905_14333379.jpg

型紙は本から探し、布地は”コトリエンヌ”というウェブサイトで購入しました。
布地探しは楽しいですね。
ブルーにするか、黄色にするかでまず迷い、ブルーだと少し寒そうだったので黄色に決め、黄色も明るいレモンイエロー調にするか、少し渋いマスタードにするかで迷ったり。最終的にマスタードにし、紐も合わせて茶色にしました。

裏地はこんな感じ。リバーシブルで使えそう。
ただ、表地に合わせて糸もマスタード色で縫ったので、裏側だとその糸の色が多少目立つんですね(縁のあたりとか)…。表地と裏地はそんなことも考慮して、似たような色合いを選ぶ方がよかったのかな。

e0244905_14333558.jpg

作ってみたらけっこうサイズ大きかったので、すぐには使えないかもしれない(笑)。


そして、その次には赤ちゃんの”にぎにぎ”。
短時間で出来上がるので、いっぱい作ってしまった…。

e0244905_14333709.jpg

でも何よりも一番難しかった…。
玉止めとか見えるとこや、いびつな形の部分、いっぱいあります。。。既製品のにぎにぎってすごいなー…と思いました。プロってすごい。

ちなみに、最初に作った一個目はこれ。

e0244905_14333114.jpg

仕事から帰ってきたダンナさんが、
「何だか分からない感じがすごいイイ。」
と妙に気に入っていて、笑いました。
クマのつもりだったんだけどね。。。

にぎにぎについては、特に参考にしたレシピもなく、ネットでにぎにぎの画像検索をして、そこにあるたくさんの画像からなんとなく「こんな感じかな?」と型紙を描いて、切り抜いて作ってみました。
でも型紙で予定した通りの大きさにはならず。なぜか、出来上がりは予想よりも小さく出来上がる傾向にあります。
最初にできた一個目は当初の予定よりもずっと小さめな感じに仕上がったため、入れようと思っていたプラ鈴が入りませんでした。
そう、これらのにぎにぎ、ただ握るだけで音鳴りません(笑)。
音が鳴るのは、プラ鈴が入っているトリと、鳴き笛が入っているゾウのみ。

また、中表にして縫っていき、最後に返し口を5センチ程度残しておいて裏返しますが、残した返し口が小さくて裏返せなかったりして。。。
それに、その返し口も、どの部分に返し口を作るのがよいのか、最初はよく分かりませんでした。
特にドーナツ型の場合、
「ドーナツ部分を切らずに裏返すことができるのか!?」
どうしても作る前には分からなくて(幾何学の問題??)、
「私、理系じゃなかったっけ…?」
とか嘆きました。
まぁでも今では作ってみて、「ドーナツ部分を切らないと裏返せない」、と分かりましたが、縫い物は、最終形を想像しながらレシピを作ってる人は相当幾何学に長けてるな、としみじみ思いました。
世間の縫い物作家の方々を尊敬。


服とか作れたらそれこそすごい楽しいかも、と思っているのですが、手縫いで服作りはさすがに大変かな~と思って挑戦できてません。
お裁縫始めるときにミシンを買うか迷ったのですが、もともとそれほど裁縫の趣味があるわけではないのでモトが取れるほど使わない気もして、今のところ手縫いしてます。(ベビーが産まれてからもお裁縫するのかな…?その辺見極めてからまた考えよう…。)

 

[PR]
by tsutsumi_t | 2016-12-14 16:21 | わたしのこと


バレエ、ダンス全般、建築についてのブログ。


by Tsutsumi

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ダンス
ダンス(日本)
演劇
オペラ
ミュージカル
歌舞伎
ストリート
読書
子育て
わたしのこと
未分類

最新の記事

山上憶良をすこしよむ
at 2017-07-26 21:56
百人一首が頭を行き交う
at 2017-07-12 20:59
0か月~2か月の頃はなんだか..
at 2017-07-04 00:01
ショパン
at 2017-04-17 20:50
お裁縫にハマる
at 2016-12-14 16:21

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

最新のトラックバック

プロフィール

Tsutsumi

Mechanical engineer / Architect

建築学科を卒業、日本の建築設計事務所で働いた後、2011年に渡英。
バレエやダンス全般の観劇についてここに記しています。

(追記)2013年4月に日本に帰国しました。

(追記)2016年12月に出産しました。観劇はなかなか難しく、ブログの内容が子育てにシフトしてきています。

検索

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
日々の出来事

ブログパーツ