人気ブログランキング |

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

英国ロイヤルバレエ『ASHTON MIXED PROGRAMME』 2013年2月15日

ロイヤルオペラハウスにて旦那さんと一緒に観た。
英国ロイヤルバレエのファウンダー・コレオグラファー(初代常任振付家?)であり、芸術監督だったフレデリック・アシュトンの小品を5つ上演するプログラム。

今回、話題になっているのはやはり、”マルグリットとアルマン”に出演するタマラ・ロホとセルゲイ・ポルーニン。イングリッシュ・ナショナル・バレエの芸術監督への就任に伴って、昨夏ロイヤルを退団したプリンシパルのロホと、およそ一年ほど前にロイヤルバレエを謎の電撃退団したポルーニンが、ゲスト出演していること。
ロホは、ダンシング・ダイレクターとしてイングリッシュ・ナショナル・バレエの公演に出演しているので、実はロンドンでは引き続き彼女のダンスを見ることができる。しかしポルーニンの方は、彼が年末にガーディアン紙に語ったインタビューによると、ロンドンに帰ってくる気は無い様子で、この先ロンドンで見られる機会はなかなか無いのかもしれない。


LA VALSE 音楽:ラヴェル

3組のメインダンサーたちと、コールドのダンサーたちが、舞踏会でワルツを踊る。トップバッターにふさわしい華やかな幕開け。


'MEDITATION' FROM THAIS(タイスの瞑想曲) 音楽:マスネ

オリエンタルな雰囲気のダンス。


VOICE OF SPRING 音楽:シュトラウス二世

踊っているマグワイヤとズチェッティの雰囲気が明るくて爽やかだった。マグワイヤのダンスはいつも軽やかで、見ている方にまでそれが伝染してくるのでとても楽しい。笑顔も口を大きく開けて笑っていて清々しい。(日記を読み返すと、「マグワイヤが良かった!」と書いている日が多くて、このダンサーのことが好きなのかな(笑)。)
今日のマグワイヤは代役だったそうで、パートナーのサポートへの謝意を表したのか、カーテンコールでマグワイヤの方からズチェッティの手にキスしたのも、彼女の人柄が推測できて素敵だった。


MONOTONES I AND II 音楽:サティ

一番強く印象に残った。
黄緑色のレオタードを着た若手3人のダンサー(女性2人、男性1人)による"I"と、真っ白なレオタードを着たプリンシパル3人(女性1人、男性2人)による"II"。頭まですっぽり覆うレオタードを着たダンサーたちは、まるで地球外生命体といった風情。
ゆったりとした音楽に合わせて、3人で組んだフォーメーションをバランスを保ちながら徐々に変化させていく。その動きは緩やかだけど、ダンサーがギリギリのところでバランスを保っているのでピンと張り詰めた緊張感がある。


MARGUERITE AND ARMAND(マルグリットとアルマン) 音楽:リスト

音楽が流れるままに場面がさらりと流れていく。マルグリットとアルマン、アルマンのお父さん以外の登場人物は背景に過ぎない。セリフがあるわけじゃないのにすごく雄弁なのは、音楽の起伏と登場人物の感情がぴったりと重なっているからだろうか?
そしてポルーニン、ハマリ役だよね、と思った。ポルーニンの爆発するようなエネルギー(まさに爆発してロンドンを去っていったって感じですが…)がまさに激情するアルマンにぴったり。そして死にゆくマルグリットがそのまぶしさに目眩するような様子がありありと分かる。女優ロホ…。


アシュトンの作品をこうしてバーッと見渡して、何か「アシュトン的なもの」というのを定義してみたかったのだけど、逆に定義できない多様さ幅広さを感じて、そんなことは無理だと思った。小さい頃から見慣れたロシアのダイナミックな古典バレエとは、確かに何かが明らかに違う、と感じるのだけど、まだうまく言い表せない。
一つ漠然と感じるのは、全体を通してカラリとした明るさや健全さがあるように思う(例え悲劇でも、深入りしないドライさがあるような気がします)。
アシュトンの作品はなかなか他では見られないので、振付家に焦点を合わせたプログラムがあるのが嬉しい。
by tsutsumi_t | 2013-02-22 03:15 | ダンス

『KISS ME, KATE』 2013年2月11日

The Old Vicという老舗の小劇場で『KISS ME, KATE(キスミー、ケイト)』をタケさん、ジュンくん、チカさん、旦那さんと一緒に観た。
The Old Vicにかけられる芝居やミュージカルには良質なものが多いらしく、ここでヒットするとロンドンにおけるブロードウェイ、ウェストエンドに持ち込まれて大規模に興行されることになるそうだ。

『KISS ME, KATE(キスミー、ケイト)』のオリジナルは、ウィキペディアによると1948年(ブロードウェイ、ニューヨーク)、1951年(ウェストエンド、ロンドン)が初演で、幾つかのリバイバルや映画化があった後、2012年にイギリスの南東部チチェスターでリバイバルされたものがロンドンに持ち込まれて公開になっている。

(あらすじ)
舞台監督にして俳優のフレッドの今度の芝居は、シェイクスピアの『じゃじゃ馬ならし』。主役のカタリーナには別れた妻のリリーが配役されている。芝居の稽古中から本番当日の楽屋でも何かと言い争いになる二人だが、ふとしたことから昔話に花が咲いて、いい感じに盛り上がる。
そんなところへ、リリーの楽屋にフレッドから花束が届く。本当はそれはフレッドがビアンカ役の若い女優ロイスに送ったものなのだが、手違いでリリーの元に届いてしまったのだ。花束が二人のかつてのウェディング・ブーケの同じ花だったため、リリーは完全に誤解。フレッドは添えられているメッセージカードを取り返そうと焦るが、リリーはカードを懐に上機嫌で舞台へと向かう。舞台ではいよいよシェイクスピア劇『じゃじゃ馬ならし』が幕を開ける・・・。


シェイクスピアの『じゃじゃ馬ならし』が劇中劇で入っている。
『じゃじゃ馬ならし』の本番中に舞台袖でメッセージカードを読んでしまったリリーが、大激怒して舞台上で手のつけられない状態になってしまう姿は、まさに”じゃじゃ馬”そのもの。それをなんとかなだめようとするフレッド。劇中劇の『じゃじゃ馬ならし』のエピソードがダブってくる。
さらにそこに、恋人の借金?をまんまとフレッドにツケてしまうしたたかなロイスや、借金取りのマフィア二人組、リリーの現在の恋人である堅物の米軍将校がからんできて、舞台は破たん寸前メチャメチャになってしまう。

本家の『じゃじゃ馬ならし』は、フェミニズムの観点から考えるとテーマそのものが時代遅れで問題アリなのだが、『キスミー、ケイト』はそれをリリーの女優魂に見事にすり替えていて嫌味がない。
最後リリーは、女優であることを自覚して舞台に戻ってくる。そんな彼女が演じるのは、じゃじゃ馬だったカタリーナが躾の末に貞淑になった姿なのだが、実際のリリーは米軍将校の貞淑な妻の座を蹴ってきたわけで、その逆説がリリーが今後も”じゃじゃ馬”のままであることを示唆していて面白い。


リリーが歌う”So in Love”がキレイだったので、YouTubeより。字幕が付いてて便利。



知らなかったけど、日曜洋画劇場のエンディングテーマにこれのオーケストラ版が使われていたらしい。
by tsutsumi_t | 2013-02-14 08:11 | ミュージカル

『TATYANA』 Deborah Colker 2013年2月8日

ブラジル出身の振付家Deborah Colker(デボラ・コルカー)率いるCompanhia de Dança Deborah Colker(デボラ・コルカー・ダンス・カンパニー)によるコンテンポラリー・ダンス『TATYANA』をバービカン・センターで観る。
これもプーシキンの韻文小説『エフゲニー・オネーギン』を元ネタとしている。



全2幕。
オネーギンがレンスキーを決闘で殺してしまうところで1幕が下りる。
2幕はオネーギンとタチアーナの邂逅。
舞台の真ん中には、木製の塔とそこから舞台の床へ向かって四方八方にぐねぐねした橋が飛び出ている。ここをダンサーたちが座ったり歩いたり飛び乗ったりぶらさがったりする。


なんと、複数のダンサーが一つの役を演じる。
1幕では4人のオネーギン、4人のタチアーナ、4人のオルガ、4人のレンスキー。
2幕では8人のオネーギン、8人のタチアーナ。(2幕ではオルガとレンスキーが登場しないので、それぞれのダンサーたちは2幕ではオネーギンとタチアーナに加わってしまうのだ!)
同じ役のダンサーたちは全く同じ衣裳を着ているので分かりやすいが、その体格や年齢、顔立ちはさまざまだ。

振付家のコルカー氏によると、登場人物の性格の多面性を表現するためとか。
常に4人全員で踊っているわけではなく、1人しかいないときもあれば4人全員舞台上にいるときもあり、相手と踊るときも1対4だったり4対4だったりいろいろ変わる。

例えば、木製の塔の影にぽつんと一人でいたタチアーナが、登場したオネーギンにふと興味を持つと、ぞわぞわっと一気にタチアーナが4人に増えたりして、彼女の好奇心がよく伝わってくる。
1人のオルガを3人くらいのレンスキーでリフトしてパ・ド・ドゥ(ドゥじゃないけど)を踊ると、オルガが大切にされていることがよく分かる。
また、思い悩むタチアーナが、大きな舞台装置のあちこちで座り込んだり膝をかかえたりしていると、彼女の悩みの深さを強く感じる。
タチアーナの夢の中は、目隠しをした1人のタチアーナが大勢のオネーギンと踊り、彼女の恍惚とした夢心地が伝わってくる。
オネーギンとレンスキーの決闘はステッキを持った4人のオネーギンと、扇子を振り回す4人のレンスキー。4倍に迫力も増す。

一つの役を複数の人間で演じると、表現の幅がこんなにも広がるんだな、と思った。
特に、この『エフゲニー・オネーギン』という原作は、この手法によく合っていると思う。
オネーギンの性格が複雑なこと。登場人物の少なさと人間関係のシンプルさ。
振付家が、複数人1役で演じることを決めたのと、題材を『エフゲニー・オネーギン』に決めたのは、どっちが先だったのだろう?


もうひとつ。なんと、原作の著者プーシキンが出てくる。
登場人物はオネーギン、タチアーナ、オルガ、レンスキーのみだが、狂言回しとしてプーシキンが出てくる。プーシキンは2人1役でやっていて、そのうち一人は振付家コルカー氏本人だ。
プーシキンは登場人物たちを、時に導き、時に彼らの行動に嘆き、そして慰め、受け入れ、常に見守っている。

コルカー氏はオリヴィエ賞も受賞したことがある実力派の振付家だそうで、YouTubeで過去の振付作品を見ると、今回のようにセットに登れるような大掛かりな舞台装置を用いたものが多い。シルク・ド・ソレイユの振付もしたことがあるそうで、言われてみると確かに、今回の『TATYANA』も、大きななセットとからむアクロバティックな動きが多く、エンターテイメント性の強いダンスだった。


なお、その他、ちょいちょい気に入った動きが幾つかあった。
タチアーナが手紙を書くシーン。大きな黒い羽ペンを持ったタチアーナが、文字を腕に胸に身体中に書く(ような仕草をする)のが官能的で美しい。
1幕では裸足だったタチアーナが、美しい大人の女性へと変貌している2幕ではトゥシューズを履いているのも面白い趣向だと思った。(ただそのせいで2幕はスピード感が消えてだるくなったのが残念だったけれど。)


今年は何かプーシキンの記念の年?
ロイヤルオペラハウスの方は、バレエの他にオペラの『Eugene Onegin』も上演中だ。これは今月下旬に映画館に中継されるので、映画館で観て見たいなと思っている。
by tsutsumi_t | 2013-02-09 11:36 | ダンス

『People』 2013年2月3日

タケさんに誘っていただいてNational Theatreで観る。
演劇界の巨匠Alan Bennet氏による新作。といっても私は全く存じ上げないのだけど(スミマセンっ)、日本でもよく知られている劇作家だそう。

(あらすじ)
15世紀に建造された由緒ある豪邸(なのかな?)に住む由緒ある貴族の老婦人ドロシーとそのお付きのアイリス。といってもドロシーは莫大な相続税が払えず、生活能力も無い彼女たちの暮らしは、豪邸に住みながらも雨漏りが直せないほど貧しい。
ドロシーに残された有力な選択肢は、家をナショナル・トラストに寄贈して、相続税(?)を免除してもらうことなのだが、住み慣れた家を離れたくないドロシーとアイリスはなんとか家に居残る手立てを考えようとする…。


最前列で、役者さんの顔から指先までしっかり見えて楽しかった。
ただ実は…、会話中心のお芝居だったので、あまりよく英語が分からなくて、話の流れが分からなかった…orz
たぶん、家に縛られ、自分の身分に驕っていたドロシーが、家目的で集まってくる外部の人々(庶民?)と関わるうちに、楽しく生きる術を見出していく…という感じだと思う。

ナショナル・トラストが出てくるあたり、イギリスらしい。
私の理解が怪しいので、ナショナル・トラストと相続税(?)のあたりは関係性がちょっと分からないのだけど、財産放棄したものをナショナル・トラストが引き受けてるってことなのかな?


スタッフの中に、”Movement Director”として、Jonathan Watkins(ジョナサン・ワトキンス)の名前がある。
彼は英国ロイヤルバレエのダンサー兼振付家なのだが、今日、今シーズン限り2月いっぱいで引退することが発表された。リリースによると、今後は、フリーランスの振付家/演出家として活動するとのこと。
ダンサーとしての彼はあまりよく知らないのだけど、振付家としては、昨夏、"Metamorphosis Titian 2012"三部作の一つ『Diana and Actaeon』をスカーレット,タケットと共作している。

うーん、でも、このお芝居に、普通の芝居以上の動きをするシーンってあったかなぁ?何か見落としたかなぁ。。。
by tsutsumi_t | 2013-02-07 08:53 | 演劇

英国ロイヤルバレエ『ONEGIN(オネーギン)』 2013年1月30日

『オネーギン』をリピート!してしまった…。
ロイヤル・オペラ・ハウスにて、旦那さんと一緒に観る。初日に行ったときは旦那さんが来れなかったので、リベンジしようということで(しかも、せっかくならとStall(!)に席を取ってみた)。


ONEGIN(オネーギン): Jason Reilly(ジェイソン・レイリー)
TATIANA(タチアーナ): Alina Cojocaru(アリーナ・コジョカル)
OLGA(オルガ): Akane Takada(高田茜)
LENSKY(レンスキー): Steven McRae(スティーブン・マックレー)
PRINCE GREMIN(グレーミン公爵): Bennet Gartside(ベネット・ガートサイド)


音楽も美しいし、観ていていいなと思いつつも、二回目(しかも同じキャスト)で冷静に観れたのか、少し気になることが出てくる。
やはり、このバレエには足りないシーンがあると思う。

今回、旦那さんから
「オネーギンがなぜ厭世的になってしまったか、短くていいから冒頭に示す必要があるのでは?」
という意見が出た。

オネーギンが最初から抱えている心の傷は何によるものなのか?
原作によれば、それはおそらく、都会サンクトペテルブルグでの享楽的な社交界への嫌悪,父親の死去と残された膨大な借金,裕福な田舎の親族からの遺産相続に応じて都会を去ったこと―などなど。
それらの心の傷が彼を常にイライラさせ、彼はそれを見破られまいと傲慢になり、次々と周囲の人間を傷つけていく。
バレエでは彼が最初から心に傷を負っている、ということが示されないので、観客にはオネーギンは嫌な人間に見えてしまう可能性がある(もし嫌な人間に見えないとしたら、それはきっと、「設定をあらかじめ知ってるから」or「カッコいいから(笑)」、だろう)。

ピーター・ライト版の『くるみ割り人形』の冒頭に、くるみ割り人形に変えられてしまった甥の肖像画を前に苦悶の表情を浮かべるドロッセルマイヤーのシーンがほんの数分だけあるように、『オネーギン』にもオネーギンの心の空虚の理由を示すシーンがちょっとだけあってもよいのではないか―というのが旦那さんの意見。
オネーギンが本当は可哀そうな人であることを理解した上で観れば、彼の心の弱さが表れる3幕も含めて全て納得がいく。

前回観たときに私は、
「タチアーナがオネーギンを理解するに至るシーンが必要なのでは?」
と思った。
それは、オネーギンがレンスキーを決闘で殺してさえ、タチアーナが心の底では彼を想っていることが、理由なしでは不自然な気がしたからだった。
でも、今日はそんなシーンは無くてもいい気もしてきた。初恋だしね、とか考えるとね…。


初日と同じキャスト。
できれば、もう一回、当日券で別のキャストを見たいなぁと思っている。他には、モレラ&ボネリ,ヌニェス&ソアレス,ラム&フリストフ。興味があるのはモレラの日。会社の後に行って、当日券が残ってるか分からないけれど、挑戦してみようかなぁ。
by tsutsumi_t | 2013-02-02 08:44 | ダンス


バレエ、ダンス全般、建築についてのブログ。


by Tsutsumi

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ダンス
ダンス(日本)
演劇
オペラ
ミュージカル
歌舞伎
ストリート
読書
子育て
わたしのこと
未分類

最新の記事

山上憶良をすこしよむ
at 2017-07-26 21:56
百人一首が頭を行き交う
at 2017-07-12 20:59
0か月~2か月の頃はなんだか..
at 2017-07-04 00:01
ショパン
at 2017-04-17 20:50
お裁縫にハマる
at 2016-12-14 16:21

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

最新のトラックバック

プロフィール

Tsutsumi

Mechanical engineer / Architect

建築学科を卒業、日本の建築設計事務所で働いた後、2011年に渡英。
バレエやダンス全般の観劇についてここに記しています。

(追記)2013年4月に日本に帰国しました。

(追記)2016年12月に出産しました。観劇はなかなか難しく、ブログの内容が子育てにシフトしてきています。

検索

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
日々の出来事

ブログパーツ